引き出しに眠っている切手はありませんか?意外と高く売れるかも!

切手は換金しやすいです!

案外、大量の切手が家にあり処分に困っている方も多いかと思います。なかなか使い道がないんですよね。換金できるものなら換金したいですよね。郵便局に持っていったら換金してくれるのでは?とお考えの方もいると思いますが、郵便局は切手の換金はしていません。ただ、官製はがきや、レターパックなど他の商品と交換はできます。 換金したい場合は金券ショップ、リサイクルショップ、切手専門店、ネットオークション、フリマアプリなどを利用しましょう。 売る時に額面以下は嫌だという方もいるかもしれませんが、1部の古い切手や、エラー切手などの数が少ないもの以外は、ほぼ額面以下での買い取りになると思います。 もしかしたら、価値のある切手が混じってるかもしれない。額面以上で売れたらラッキーという感じで売買に臨んだ方が楽しいと思います。

1960年以前の切手は額面以上の価値があるかもしれません!

日本では1950年代後半から1960年代にかけて切手ブームが起こりました。日本郵便が、その切手ブームに乗じて記念切手を発行しまくったんです。何故か、とっくの昔に切手ブームが過ぎた今でもその体制は変わりません。記念切手を発行しまくっています。当然、数が多いものは珍しくも何ともないですから価値は下がりますよね。という事で残念ですが1960年以降に発行された切手は、ほぼ価値はありません。 もし、切手ブームが起こる前に発行された切手なら価値はあるかもしれません。 問題はどこで売るかですが、金券ショップやリサイクルショップは額面しか見ませんので、どのような切手でも額面以下の買い取りになると思います。自分で価格を決めて出品するフリマアプリも、価値のある切手を数百円で売ってしまうという事になりかねません。 切手専門店やネットオークションが良いと思いますが、ネットオークションは全て切手の絵柄が見えるように写真を撮影して出品する事が必要です。これで高く売れる確率が高くなります。 もしかしたら、家に眠っている大量の切手が数十万円になるかもしれません!